Category Archives: ラオス

’10/12/25 ラオスヴィエンチャンで日本の着物とラオスの布の帯でファッションショー

●「日羅国交樹立55年記念 日羅友好イベント」
■日時──12/25(土)  9:00~18:00
■場所──ホアイホン職業訓練センター(ラオスの首都ヴィエンチャン)
■主催者──「ホアイホン職業訓練センター」チャンタソン・インタヴォン代表
■共催者──NPO法人ラオスのこども ヴィエンチャン事務所
■後援者──ラオスの労働福祉省
■内容──
■販売──食品、染織物
■ショー──①ラオスのこどもの歌や踊り
②ファッションショー「ラオスの布で和装を楽しむ」 
日本の着物とラオスの布の帯を纏って、大橋出演いたしました!

③生け花、茶道の披露も
■主旨──多くの日本の支援団体が長年活動していながら、日本にもラオス国内にもあまり知られていない。これを機に各団体名と活動内容を紹介し、長年の友好の実りを物産販売やショーなどで展開。
■連絡先──上記センター856-21-560006 Ms.ホーンPHONさん。
主催者のチャンタソン・インタヴォンさんの連絡先・スケジュールなどに
ついてお答えしました。

’05.12.24~’06.1.10 ラオスの旅

’05/12/24-1/10までラオスに行ってきました。
今回の旅は、本作りに参加と、ラオスの少数民族に出会うためです。
本を書かれる方は、チャンタソンさんという現在52歳の女性で、ラオスの留学生第一号、御茶ノ水大学卒業で、日本人と結婚して、一男、一女がいます。
現在は、NPOを立ち上げラオスの女性支援のセンターを作り、織物工場と日本の絵本をラオスに翻訳して送ったりと活躍をしている女性で1999年には毎日新聞のボランティア賞をとっています。
ラオスは社会主義国で首都でもまだまだ道路も舗装できていませんが、仏教を重んじる、日本人が失いつつある「恥じらいの文化」がありました。
ゲストハウスの人に話しかけても、欧米人とはちがい、とても恥ずかしそうに答えたり、声を荒げるような民族ではありませんでした。
田舎の県に行くと、65もの民族がさまざま入り乱れ、それぞれの民族衣装が物語るように、民族の文化をとても誇りに思っているようでした。
今回の写真は、ラオスの村を訪ねたときの写真と、モン族のお正月できれいな娘さんと彼の晴れ着です。