’10.1.8 インド紀行

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2009年の年末からお正月にかけて
インドは、バラナシとコルカタに出かけていきました。

初めてのインドには、やっと呼ばれた!という思いがして
感慨深いものがあり、行く前から張り切って準備をしていきました。

カメラもD40xを使い、パシャパシャと
いろんなところを写しました。

バラナシでは、道路中央にうしが堂々と歩いているところに
出くわし、えx~~なんてさけんでいても、道行く人は
何知らぬ顔。だってここインドでは、牛は神様だもんね。

(牛の目)

夜も牛は、商店街のシャッターの前で寝ていました。

バラナシはなんと言っても、母なる河「ガンガー(英語名はガンジス)川」に
沐浴をするために、集まってくる人たち。

(沐浴)

寒い冬でもこうやって身を清めているのね。


(菜の花を摘んで)

今回は、サリーを織っているという村に行くために通った村では、
1月だというのにここでは菜の花を摘んで家畜のえさにしているのです。

サリーを纏っている人たちの表情が印象的でした。

(ラジさん姉さん家族)

(村長夫妻)
サリーを織っている村では、村長さんご夫妻の
おうちに呼ばれてチャイをいただきました。

ここで入手したサリーを使って着物を作りました。

 

Comments are closed.